ボランティア活動は人の心を救うもの

ボランティア活動は人の心を救うもの

ボランティア活動は人の心を救うもの

ボランティアは何のためのものでしょうか?

やることは多岐に渡ります。

瓦礫を片づけたり、物資や寄付金を送ったり、大道芸をしたり、ゴミを拾ったり。

しかし、どれもボランティアの手段の一つに過ぎません。

その手段が目的ではありません。

目的は人の心を救うことです。

何らかのことで困っている人がいて、その心配事などを取り除くのがボランティアの意味です。

災害で困っている人、経済的理由で困っている人、病気などで困っている人、あるいは地球の環境問題だって、将来的に誰かが困る可能性があります。

微力ながらもそれらに少しでも手助けができれば、その人の気持ちは軽くなるかもしれません。

そして困り果てていた顔に笑顔が取り戻せれば、ボランティアの意義はあったと言えるのではないでしょうか。

暗闇の中、私たちボランティアが小さくでも光を照らすことができれば。

ですから、ボランティア活動を行う際、あまり手段にこだわらないでください。

大事なのは目の前の人の気持ちです。

その人の気持ちを少しでも救えるように、それを考えてボランティア活動をしましょう。

その気持ちだけでボランティア活動はできるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional