朗読のボランティア活動

朗読のボランティア活動

朗読のボランティア活動

朗読のボランティアもあります。

目が見えない人にとって、本は読みたくてもなかなか読めません。

点字の本もあまりないからです。

本や雑誌、新聞などは朗読されて、カセットやCDに録音し、視覚障害者の方々のもとへと届けられます。

図書館などにも置いてあります。

字を音に訳すということで、朗読ではなく音訳とも呼ばれます。

有名な本であれば既にあるのですが、それほど有名ではない本や新刊などはまだありません。

それらを読みたい人は、誰かが声に出して読んでくれるのを待っているのです。

ボランティアグループなどを通じて、この本を録音してほしいとリクエストがあることもあります。

録音ではなく、目の前で朗読してほしいという依頼もあります。

朗読とは、なかなか難しいものです。

読む側がその世界を理解していないと、ちゃんと読むことはできません。

それだけに奥が深いのですが、普通に目で読むよりも伝わりやすい場合もあるのです。

ただ、音訳という立場からは、余計な感情は入れずに音に訳すだけでいい、という考え方もあります。

本の活字はそれだけでは感情を持たないように、音訳も音にして伝えるだけでいいということです。

それも一理あるかもしれません。

どちらにしろ、必要なのは、聞きとりやすい声と、滑舌(かつぜつ)の良さでしょう。

それらに自信があれば、朗読のボランティア活動ができるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional