献血でボランティア活動

献血でボランティア活動

献血でボランティア活動

街を歩いていると『○○型、○○型の血液が足りません』という声が、拡声器に乗って聞こえてきます。

『血液はいつも不足していると言っているけれど、本当なんだろうか?』

そんな風に思ったことないですか?

しかし、それは大げさなことではなく、本当に常に不足しているのです。

というのも、血液は保存があまりきくものではないからです。

血液は検査期間などを除けば、3、4日しかもちません。

だからいつも不足していて、常に献血をお願いしているわけです。

献血のバスも様々なビルなどを回っていますし、献血ルームも日本各地に多くあります。

献血をすると、その場所場所によって様々な記念品をくれます。

献血離れを食い止めるために、最近ではその記念品も豪華になっているそうです。

タオルやコップ、ぬいぐるみなどの記念品から、アイス食べ放題、ジュース飲み放題、ケンタッキーのセットなどもあります。

各献血ルームによってその記念品は違うので、各所を回ってみても面白いでしょう。

ちなみに、献血は200ml採血したら、4週間は献血できません。

また、年間で男性が1200ml、女性が800mlまでと決まっています。

そこまで頻繁には献血できないのです。

ただ、血液は毎日私たちの体の中で作られています。

ですので、できる範囲で献血をしましょう。

それもボランティア活動になるのですから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional